1月2日、宮島の行く厳島神社へ初詣に行ってきました(広島)

1月2日。
元日に近所の神社へ初詣に行ったのですが、もっと大々的に行ってみるかというわけで、

宮島に行ってきました。
ネットで調べてみると、宮島口での駐車場もありそうですし、船で宮島に渡るのも問題なさそうです。



車で廿日市インターで降り、宮島口へ。
いつも使う駐車場に行くと、

繁忙期につき、1,000円のところ、1,500円に値上げ!

だそうです。。。。いやいや。。。



寒波の影響で雪降ってました。
フェリーに雪は映えますねえ。寒い寒い。




行ったのは15時くらいでかなり遅いスタートですが、それでも宮島へのフェリーは行列。
すごくひどいわけではありませんでしたが、午前中とかは悲惨だったでしょうね。
この時間帯だからこそ、駐車場に空きがあったのだと思います。

フェリーはピストン輸送の状況か? とにかく、宮島から帰ってきた人たち・・・





すっごい数。


ちなみに、後ろを振り返るとフェリー待ちもけっこうな行列です。

さすがは大観光地かフェリーも混乱はなく、無事に宮島に。
鹿がお迎え。




寒い中ごくろうさんです。


初詣客がドッとくるから、屋台がたくさん。
イカ焼き、フライドポテト、牛串、豚串、りんごあめ、お好み焼き、やきそば、たこ焼き。
もう盛りだくさん。




牛串が結構人気でしたね。



厳島神社へ向かう道中に見える大鳥居。白の中、朱が映えますね





鹿が・・・ゴミ漁り・・・





景色は雪化粧。
寒いけど、こういうのありですねー




そして、厳島神社へ。
昇殿料は300円です。




お賽銭を入れて、祈りをして。




おみくじ100円。
お金を払い、くじを引くと、巫女さんが番号の札を渡してくれます。




・・・。


吉でした。
この頃、大吉が全然当たりません。。。

結んでおきます。いい年になりますように。





これで初詣終了。




厳島神社を作ったのは平清盛。
清盛自身の話もすごいけれど、厳島神社というずっと後に残る建造物をつくったのもすごいですよね。
この神社はきっと100年後も、1,000年後もここにあるはずです。

そう思うと、形として残すってのは偉大ですね。



さて。


引き返し、商店街の方へ。
この寒い中、鹿は・・・小川に足をつけて葉っぱを食べてました。



寒くないんかな・・・



宮島に来たら食べるものがありますよね。


焼き牡蠣でしょ!!




もうね、、、においがたまりません。。。
毎回、”とりい”というお店で食べてます。
1皿2個入りで400円。




牡蠣はさばきがかかる分、若干待ちます。
このお店のいいところは、自分でポン酢、醤油、れもんをかけられるんですよ。




これが1皿(400円)。




やっぱ、うまいですよ。。。ペロッとね。
こういう出店の形もありますが、店内で食べられる場所もあります。
だいたい1個200円が相場ですね。



宮島に来たら食べるものは、、、


揚げもみじ!!(登録商標!)



もみじまんじゅうを揚げたものですが、美味い・・・。
衣がサクッとしていて、中はふっくら。
1個180円、あんこ、クリーム、チーズの3種類ありますが、断然クリームがうまし。



あとは、にぎり天



1個300円。ねぎたこ、チーズベーコン、アスパラベーコンなど色々あります。
要は揚げた魚のすり身なんだけど、うまいです。

人によっては、ビール片手に。



焼き牡蠣、揚げもみじ、にぎり天の3つを食べたら満足(*´∀`*)

藤い屋でしたっけな、中にはいってみると、変わり種もみじまんじゅうが。
食べ物にしてもバリエーションが増えてますし、ちょっとずつですが進化してます。




という感じで、宮島の初詣終了です。



ずっと雪が降ってましたが、こういうのもありですね。
1日はどうかはわかりませんが、2日の午後であれば十分に参拝できました。

関連 → 宮島の弥山へ。消えずの火を拝みに(広島)
 → 宮島の2回目の歩き方~裏通りを巡りながら